マガジンのカバー画像

講演会・イベント配信

7
神奈川近代文学館の講演会・イベントの動画配信記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

〈講演会動画配信〉没後50年 川端康成展 荻野アンナ講演『川端康成の小説万華鏡』(2022.10.22収録)

特別展「没後50年 川端康成展 虹をつむぐ人」〈会期:2022年10月1日(土)~11月27日(日)〉の開催を記念して行われた、作家・本展編集委員の荻野アンナさんによる講演『川端康成の小説万華鏡』のダイジェスト版動画を公開します。 【講師】 荻野アンナ(作家、本展編集委員) 〈プロフィール〉 おぎの・あんな……1956年横浜市生まれ。慶応義塾大学文学部卒。83年より3年間、ソルボンヌ大学に留学、ラブレー研究で博士号取得。89年慶應義塾大学大学院博士課程修了。以後2022年ま

〈講演会動画配信〉大岡昇平の世界展 池澤夏樹講演会「『レイテ戦記』を読む」(2020.10.18収録)

2020年度の特別展「大岡昇平の世界展」の開催を記念して行われた、池澤夏樹さんの講演会「『レイテ戦記』を読む」のアーカイブ動画です。 過酷な戦場で死んだ兵士たちへの慰霊の書である『レイテ戦記』に大岡がこめた思いや、成城で近所住まいだった晩年の大岡との交際の思い出などを語っていただきました。 【講師】 池澤夏樹(詩人、評論家、作家) 〈プロフィール〉 いけざわ・なつき……1945年、北海道帯広生まれ。1975~78年、ギリシア在住。詩人、翻訳家として出発し、1988年、小説『

有料
1,200

〈講演会動画配信〉「神奈川近代文学館『生誕100年 金達寿展』を受けて」 神奈川新聞社創業130周年記念(2021.11.13収録)

(第一部)廣瀬陽一「戦後日本を切り拓いた金達寿――その軌跡」 (第二部)呉文子「季刊『三千里』創刊前後の金達寿先生――思いだすままに」 神奈川近代文学館と隣接する駐横浜大韓民国総領事館の主催、在日本大韓民国民団神奈川県地方本部、神奈川新聞社、神奈川近代文学館の共催により、2021年11月13日に開催した作家・金達寿に関する講演会の動画を公開します。 今回の講演では、金達寿研究の第一人者である廣瀬陽一氏と、金達寿の盟友・李進熙(イ ジンヒ)氏の夫人であり、金達寿の素顔をよく

〈講演会配信〉「漱石と文人たちの書画」展 夏目房之介講演『孫からみた漱石の書画』(2011.7.23収録)

夏目房之介さんによる講演会「孫からみた漱石の書画」ダイジェストを公開します。 この講演会は2011年に開催した「漱石と文人たちの書画」展の記念講演会。漱石の絵の面白さと書の素晴らしさについてたっぷりと語っていただきました。当館への漱石遺品寄贈のエピソード、夏目家の秘話など盛りだくさんの内容です。 そして、明日2月21日は「漱石の日」です。房之介さんの講演を聴いたあとには、漱石の人間性がにじんだ書画の数々を「夏目漱石デジタルコレクション」でご覧下さい! *音声に資料画像を組み

〈イベント動画配信〉佐藤さとる展記念トークイベント『佐藤さとる先生の思い出』(2021.9.4収録)

「佐藤さとる展―『コロボックル物語』とともに―」の開催を記念して行われたトークイベント『佐藤さとる先生の思い出』のアーカイブ動画を公開します。 佐藤さとるが創刊から携わった同人誌「鬼ヶ島通信」で長年にわたり親交を結んだ柏葉幸子さん(「霧のむこうのふしぎな町」作者)、野上暁さん(児童文学・文化評論家)、金沢千秋さん(元・講談社編集者)にその思い出と作品について語っていただきました。 楽しいおしゃべりから、知られざるエピソードだけでなく創作に関わる秘密も飛び出します。 ※会場の

有料
1,000

〈講演会動画配信〉生誕90年 三浦哲郎展 勝又浩講演『三浦哲郎―家霊を負った人―』(2021.6.19収録)

本日8月29日は「忍ぶ川」「白夜を旅する人々」などの代表作で知られる作家・三浦哲郎(1931~2010)の命日です。 神奈川近代文学館では、2021年5月22日(土)~7月18日(日)に、企画展・収蔵コレクション展20「生誕90年 三浦哲郎展―星をかたりて、たれをもうらまず―」を開催しました。展覧会を記念して行われた、評論家・勝又浩さんによる講演『三浦哲郎―家霊を負った人―』のダイジェスト版動画を公開します。名作「白夜を旅する人々」を通して、私小説を超え、連綿と続く〈いのち〉

〈講演会動画配信〉生誕100年 金達寿展 黒川創講演会『いま、新しく読む金達寿』(2021.3.14収録)

2020年度の収蔵コレクション展「生誕100年 金達寿展」の開催を記念して行われた講演会『いま、新しく読む金達寿』のアーカイブ動画を公開します。 講師は、本展の開催を働きかけてくださった作家・黒川創さん。 在日朝鮮人作家の先駆けとして旺盛な執筆活動を行った金達寿の文学を、いま私たちはどのように読むことができるのか、新しい視点からその重要性についてお話しいただきました。 ※「生誕100年 金達寿展」は、2021年5月22日(土)~7月18日(日)に再開催しました。 【講師】

有料
1,200